倍苦🏍日記

🏍日記のつもりでいます。

山中湖へツーリング。凍る峠を攻める?の巻

余をバイクに例えたら何ぞ?と宅に聞いたらば、「VMAX1700」と。否、😒SUZUKIのバイクで答えよ、申したらば「B-KING」。……さよう、か。余は悦んで良いのか?はたまた我が身を省みるべきか?

*ウィークポイントをよく鑑みるべき、の意ですね(因みにバイク屋のお兄さんに「VMAXカッコイイですね」と言ったら、女性には絶対オススメしないです‼︎超重たいし、絶対起こせませんから‼︎と大反対されました) 

さて、一週間前にバイクに乗って出かけてみました。

その時のことを書きます。

最初は宅の者からお昼ご飯を食べに行こう、その後は適当に考えましょう、というラフな感じで誘われました(このラフさが後々プチヤバイ事に…)

f:id:miyomiyopp:20181222125729j:image

海沿いの我が家から、16号線に乗って約30分程の場所にある唐揚げ専門店「からやま」へ。http://karayama.com/sagamiharakamituruma/

(私は手前のNC750s DCTに乗ってきた)

f:id:miyomiyopp:20181222131016j:image

↑私:合盛り定食620円と夫:極ダレ丼590円。

お漬物とイカの塩辛は食べ放題で無問題です。

とっても美味しいかつボリューム満点、そして安い。とんかつチェーン店「かつや」系列のお店です。

食べ終わり、「さて、どうします?」と問われ「…少し遠くに行きたい…かなぁ」と答えたらば、「では山中湖はどう?」と。はい、付いて行きます🥺

どうぞ宜しくお願い申し上げます‼︎

「まずは高速に乗ろう。横浜町田ICから海老名SAまで行ってからバイクを交換しよう」と。…どしよ。

GSX-S1000Fに乗る…のか…緊張する…🌀

f:id:miyomiyopp:20181222133259j:image

あっという間に海老名SA到着。

これに乗るのは二回目です。(1回目は高速道路をほんの少しだけ)

「では、御殿場まで頑張って行きましょう」

「はっ、頑張ります(`_´)ゞ」意を決してメットの尾を締めてまたがり、アクセルを回したら

「フォーーン‼️フォーーーーン‼️」

とやたらイイ声で、吼える😍

その後、ブボボボボボ…と低い声で唸り続ける。昔はバイクの音を聞くとチッ💢うるさい、としか思わなかったのですが、いまは良い音だなぁ〜カッコイイな、と思える自分。

そう、「私は、変わった。」……と気づいた。

https://youtu.be/ha6Fy_LeWtI

(↑と、同時に流れ出す脳内ミュージック)

ねぇ、変わるのに遅いなんて、ないんだ…

しかしあまりに実力不足な私が主ですまぬ。しかしこれは私の鉄馬🏇。

よしっ、では参ろうか‼️

f:id:miyomiyopp:20181222140718j:image

気合いを入れて跨る。しかしクラッチ付きが久々で内心テンパりながら、無事に高速で合流し6速までギアチェンジし、走り出したら、

うわぁああ、ギャーーァ‼️気持ちイイィィ‼️

しっっったげワクワクする↗️↗️↗️

明らかに初回よりは操ってる感もあり超満足。よく言う事聞くし、加速も凄い。(具体的なインプレ出来なくてすみません)兎に角、なんか興奮しましたwww

バイク最高‼️サイコーーー😍楽しいィィィ👍

敢えてポエティックに言うならば、この風と一体化した刹那的な一瞬に永遠すら感じる…

むぅ、きっと慣れたらロードバイクを乗っていた時みたいに走行時は無念無想になって、これは…走り瞑想状態になるかもしれない、と感じました。

しかし、スピードが110キロ超えだすとジェットヘルメットが頭から浮いてくる感覚に違和感を覚え、あごひもが首に締まって苦しむ😵

うん。ちゃんとしたフルフェイスメットを買おう。

また、上下ゴールドウインの防寒着を着ているのに標高が上がるにつれ寒い🥶トイレ行きたくなってきた。

途中インカムで「すみません、足柄SAで休みませんか?」と問いかけると「良いですよ」と。バイク駐車スペースに行くために減速したら、途中でエンスト‼️

ヌォワァッ‼️シヌ💀と慌てましたが真っ直ぐだったため転倒は回避。

クラッチをパッと離したから?え?どちて?

降りてあたたかい店内でしばらく放心状態でコーヒーを啜る。でも頭の中は…寒いし身体カチコチだなあ、クラッチ操作パニクるかなあ、コケたくないなあ、とネガティヴな事を一生懸命に数えている。

つい「あのぅ、バイク変えませんか?安心なNCに乗りたい」

「わかりました」

よって、そこから先は優しいNC750s DCTに跨る。はあ、ほっとしました笑笑

しかし、寒い❄️道の駅須走(すばしり)で休憩。

f:id:miyomiyopp:20181222150532j:image

大根48円。激安。自衛隊駐屯地が近くにある為、愛国心満載かつ激アツなお土産軍団が‼️

f:id:miyomiyopp:20181222150812j:image

包装のインパクト半端ねぇ、です。でもお饅頭の中身はほっこり系のカスタード味とか笑笑

そう、権力を持たない正義の味方は優しい。

(k察は権力あるからダミだ。)

消防署のみなさんも然り。

命がけなほど、みな優しいと我思ふ。

少々買い物をした後、またNCに跨る。

そして山中湖へ。バイクを停めたら

f:id:miyomiyopp:20181222151739j:image

ワ‼️ねご‼️ねごいだ‼️ニャ〜ニャ〜↗️↗️↗️わ〜〜しったげめんけぇぇーー🐱

首輪無し。野良?でも逃げないし。健康状態悪かったり小さ過ぎて保護が必要、と判断した時は連れ帰る時もあるが、今日は生憎のバイクだ…しかし、近づいてよく見る限りでは丸々としてキレイだから大丈夫かな。

ハアハア…ムラムラしてくる…(;´д`)モフりたい。しかしグッと我慢。自宅にねご2(+犬1)居るので、万が一の何かの感染症罹患回避の為迂闊には触れない。

f:id:miyomiyopp:20181222153249j:image

君たち、いつまでも元気でいるんだぞ。

車やバイクに気をつけるんだぞ。

 

f:id:miyomiyopp:20181222153518j:image

綺麗。そして少し切ない光景。
f:id:miyomiyopp:20181222153514j:image

東南アジア系の方が静かに楽しんでいる。
f:id:miyomiyopp:20181222153510j:image

↑鯉:「プカプカ…お麩とかパンくずとかなんかくださいよぅ…」

私:「すいません、あいにく持ち合わせおらず…」

鯉:「ケッ、気が利かねーな…」いう感じで一匹だけでっかい黒い鯉が寄ってきた。波打ち際を歩くと付いてくる。

f:id:miyomiyopp:20181222154542j:image

鯉と戯れていましたが、寒くて滞在時間は15分ほど😅さて、帰るか。

「じゃ、GSXに乗ってくださいね」

ʕʘ‿ʘʔ

チョットナニイッテルカワカラナイ…

「アハ…そ、そうであったな。こっ、これはワラワのバイクであったな💦」

跨っていざ参らん、でしたがまたエンストこく。真っ直ぐだからコケ回避でしたが、怖い。

「…無理しなくて良いよ。じゃNC乗って。」

(((o(*゚▽゚*)o)))…ヤタ‼️(ダメだこりゃ。)

「道志みち方面へ行って中央道で行きましょう」「はい、よろしくお願いします🥺」

しかし、途中で大掛かりな道路工事施工中でした。よって当初の予定のルートが通行止めになってしまっていました。

仕方なく246を目指していきましょう、と言われ、おとなしくついていきました。

しかし、日も暮れてきて寒さがさらに増し、道路に立ててあった気温計を見ると1℃と書いている…道の両脇には雪が降った跡がある‼️‼️

これは……怖過ぎる‼️❄️☃️

ひょっとして路面はマイナスかもしれない…初心者には手痛い修行。しかも、道がどんどんぐにゃぐにゃとカーブしてきて周りが霧だらけ…寸分先が見えない状態に。

どうやら、我々は三国峠と言うところにいるようだ。まさかの峠デビューとは。

しかも脇に白く雪のある道路で…❄️🗻🏍

無言で、ひたすら慎重にどんどんと峠を下る。

絶対にセンターラインを踏まないようにしよう、そうだ、セルフステアを意識して安全に下ろう、落ち着け、大丈夫だ、と考える自分がいました。(写真を撮る余裕は全くないです)

やっとの思いで峠を下り、246にぶつかりましたが、ここから先がひどい雨☔️。「大丈夫?がんばりましょう。でも考え方によっては今日来ているウエアーの実験も兼ねると思えば」と。

はいその通りですね…と言いながらも、寒さで顎がガチガチ🥶小さい声しか出ない笑笑

すっかり体が寒冷地仕様から関東仕様になってしまっている事を強く実感。その後も降り止まぬ雨がひどいので、「大井松田ICから高速に乗ってとっとと帰りましょう」と提案されました。バシバシ雨に打たれながら、どうにかこうにかして無事に横浜に到着。

寒いしお腹も空いて頭がクラクラしていたので、「すき家だ‼︎もー入ろ‼︎」と。飛び込むようにしてお店に入る。

キムチ牛丼カレー豚汁セットを頼む。…うわぁ、あわわわ‼️ウッ旨し‼️美味し‼️

牛丼てこんなにおいしかったっけ? 何この絶妙なスパイス加減の豚汁は⁉️染みる沁みる😂

…考えてみると牛丼食べたのって4年〜5年ぶりぐらいかもしれない。(子どもの頃からお肉が苦手でセミベジタリアンの如く過ごしてきた。)

…こんなにも旨い食べ物だったとは…。

感謝していただきました。

 

以上、私としてはやんちゃをした感があり、充実した1日でございました(^ν^)

このことを後日同じマンションに住むバイク乗り&相談役の梅じい(推定年齢70代半ば)に話したら

「へ?この季節にそっち方面行ったの?富士スピードウェイとかのとこでしょ?三国峠でしょ!?」と。また「寒かったでしょう…どんな格好してた? 」などなど、驚かれてしまいました。

いずれにしても、事故らず帰って来れて良かったです。

そして、うん、確実に楽しかった‼️☺️

またバイク乗りたい。

バイクの事をもっと知りたい(純粋)

次は愛馬GSX-S1000Fをちゃんと手懐けて、仲良くなろう‼️

今度こそまともに乗った様子を書けるようになりたい、と思います。

そして、夢のソロツーリングに向けて頑張りたい。自分にはまだまだ可能性があるところを見たい笑笑のです。

※あまり情報として得るものはないかもしれませんが、ここまで読んでいただきましてまことにありがとうございました。